新着&イベント情報

●飼料へのこだわり
良質な豚肉は「食べ物」で決まります。より良いブタを生産するために、飼料を徹底的に研究し、独自のブレンドで豚を育てています。

●衛生面へのこだわり
1日に豚舎を何度も水洗い清掃して、徹底した衛生管理を行っています。豚舎と言えば「汚い・くさい」というイメージがあると思いますが、私どもの豚舎は豚舎特有のニオイはほとんどありません。豚に与えるストレスも殆ど皆無なのではないかと思っております。

●環境のこだわり
良質な雄豚・雌豚から子豚を生産する一貫生産をとっております。豚は宮崎産を使用しております。トレーサビリティ・システムを導入しております

ホルモンについて●ホルモンは赤身肉と比較してカロリーも低く
ヘルシーなのに、栄養素が豊富!
ホルモンには、ビタミンA群、B群、鉄分、亜鉛などのビタミンとミネラル、そしてコラーゲンが多く含まれています。
また、ホルモンを野菜などと一緒に食べれば、栄養バランスを整えてくれるだけでなく、それらの栄養素が吸収されやすくなります。
ホルモンは赤身肉と比較してカロリーも低くヘルシーなのに、栄養素が豊富に含まれているので、美容と健康に良いと、女性を中心に今大変注目されてます。

 

栄養素 効 果 多く含まれるホルモン
★ビタミンA 皮膚、喉、眼などの粘膜を強くします。レバーなどの動物性食品は即効性があるとされています。 レバー
★ビタミンB1 糖質の代謝をサポートするのに必要不可欠。疲労の回復や予防のために大切です。 ハラミ・ハツ・レバー
★ビタミンB2 脂質の代謝を促し、肌・髪・爪を健康に保ち、且つ成長を促進します。 ハツ・レバー
★鉄分 ホルモンに含まれる鉄分は、タンパク質も同時にとれるので、体内での利用効率が高い。貧血気味の方には特に必要です。 焼センマイ・レバー
タン・ガツ・ミノ
★亜鉛 味覚を正常に保つ働きと同時に、皮膚や粘膜の健康維持を助けるミネラル。特にローカロリーなセンマイはオススメです 焼センマイ
★コラーゲン

コラーゲンは体を形成しているタンパク質の一種で、皮膚・筋肉・内臓・骨・関節・眼など様々な組織に含まれており、体内中のタンパク質の実に30%を占めています。

コラーゲンの主な役割
1.身体全体の組織を作り、細胞の結合組織に弾力を与えます。
2.皮膚中の水分を保持する力を高めて、肌のみずみずしさを保ちます。コラーゲンの不足はシワを作り、カサカサ肌の原因のもなります。
このように、コラーゲンは身体の形成・維持と密接に関係しており、その役割が「美容と健康に良いとされ、今女性を中心に大変注目されています

タン・レバー・豚足
  • 原田繊維
  • 宮崎肉巻き
ページトップへ